インフルエンザ流行中

寒い日が続きます。皆さま体調はいかがでしょうか。京都市は12月6日時点でインフルエンザの流行期に入りました。当院でも38℃以上の発熱で受診される方が増えており、検査の結果インフルエンザと診断する機会が出てきました。インフルエンザは感染性が高く、当院でもインフルエンザを疑う、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛の訴えのある方は多くの方のいらっしゃる待合以外ではなく別室やご自宅で待機いただくようご協力いただております。ただ来院時に症状が改善している場合があり、診察の際に”実は昨日に39℃の熱がありました”とか”一昨日に熱があり解熱剤を飲んでいます”という方がインフルエンザであることがあります。ですので、来院2-3日前までにこののような症状のあった方は受付で一声おかけくださいよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です